税理士試験の合格を目指します

将来難関資格を取得して独立をしたいと思い税理士を目指そうと思っていますが、インターネットや書籍で調べてみたところ、私が当初思っていた以上に合格して独立するのは難しいようです。

まず税理士試験に合格するためには仕事をしながら一定の勉強時間を確保しなければいけなくて、しかも勉強したからといって必ずしも合格する事が出来る訳ではなく、合格率が低いことから、ある程度運に左右される事もあるそうです。

そして、税理士になるには5科目合格しなければいけない事から、1年だけ頑張ればよいという訳ではなく、平均で5年程度勉強しなければいけないことから、本当に合格を目指しているならば、趣味などのプライベートの時間は持つ事が出来ないかも知れません。

ただし、一定の要件を満たす大学院を修了した場合には、会計科目については1科目、税法科目については2科目免除を受けることができるため、最近では税理士の科目免除の目的で、これらの大学院に仕事をしながら進学する人も少なくないようなので、検討する余地あるかも知れません。

なお、税理士の資格が取れたとしても、むしろ独立した際に顧問先を増やすのが難しいようで、昔のように黙っていてもお客さんの方から寄ってくる訳ではないので、試験勉強と並行して営業方法についても勉強する必要があるようです。

このように、税理士は合格するのも大変だし独立しても大変ですが、会計事務所の運営が軌道に乗れば、きっと努力が報われると思うので、これから仕事をしながら勉強するのは大変ですが、目標に向かって頑張ろうと思います。