会社を経営している人や個人事業主は税理士に確定申告書の作成を依頼していると思います。

税理士の仕事は、単に申告書を作成するだけではなく、記帳代行も依頼していることが一般的で、どちらかというと煩わしい作業を全部任せることができる会計事務所は便利な存在です。しかし、会計事務所に年間50万円以上の報酬を支払っている訳ですから、もっと有効活用したいものです。

単なる記帳代行であれば、自分たちでもやることができるからです。

最近の若手税理士の多くは勉強熱心です。特に都心の税理士は、同業者間での競争が激しいため、何らかの得意分野を持っていないと、事業拡大どころか得意先を他の税理士に取られてしまうからです。

若手税理士の中で増えているのが、中小企業診断士の資格取得です。

税法で経営革新に関する税制優遇措置があり、中小企業診断士の指導でその措置を受けることができるという事情もあるのですが、それ以前の問題として、経営者が中小企業診断士からの視点による情報を欲しがっているのです。

競争が激しいのは、税理士だけではなく企業経営者も同じです。

自社の強みや弱みを熟知している税理士から、経営アドバイスを得られるということであればこんな力強いことはありません。

良い台東区税理士の探し方

税に関する手続きというのはとても複雑ですから、なかなか専門の知識がない方にとっては難しい内容となっています。

そのため、税に関する問題は税のプロフェッショナルである税理士に依頼するのがベストです。しかし、税理士事務所は多数ありますが、その中から良い税理士を選ぶのは簡単なことではありません。

特に、相続時などの一時の付き合いではなく、顧問税理士を選ぶ際は、より慎重になった方が良いでしょう。

では、良い税理士を選ぶためにはどうすれば良いのでしょうか。

税理士は、知人の紹介、インターネットのホームページや税理士紹介サイトなどから探すことが出来ます。しかし、どの探し方が一番かという事は決して言えません。

何故ならば、どんな探し方であっても自分と相性が良く、こちらの要望を満たしてくれる税理士と巡り会えればそれが一番だからです。

ですから、こういった探し方が良い、探し方が悪いというのはないのです。

言えることは、税理士は相性が9割を占めるということでしょう。

相性が良いと思える税理士に会えるまで、妥協しない事が大切です。知人やサイトの紹介であっても、他の人にとって良い税理士があなたにぴったりとは限りません。

ホームページでかかれている宣伝文句では、税理士の人となりはわかりません。ですから、どんな方法で税理士を探しても契約を結ぶまえに実際に会って話をしてみるのが一番です。

それが無理な場合でも、メール等でやりとりをしてみると良いでしょう。また、一回でぴったりな税理士に巡り会えるのは、かなり確率が低いことです。

時間をかけてじっくりと相性のよい税理士を見つけましょう。他人からの評判や紹介を鵜呑みにするのではなく、自分で判断することが大切なのです。